カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋> カルトな映画、マイナーな映画を紹介するブログです
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ポンヌフの恋人
2006-12-30 Sat 20:22
 1991年 フランス
 出演:ドニ・ラヴァン ジュリエット・ビノシュ クラウス・ミヒャエル・グリューバー 他
 脚本・監督:レオス・カラックス

 レオス・カラックス監督の「ボーイ・ミーツ・ガール」、「汚れた血」に続く3部作の最終作。
 浮浪者を演じるドニ・ラヴァンとジュリエット・ビノシュの恋愛モノです。
 ラヴァン、ビノシュとクラウス・ミヒャエル・グリューバーの浮浪者ぶりは凄まじく、本物の浮浪者を役者として起用したのかと思わせるほど強烈です。
 浮浪者の恋愛映画ですが、30億円以上の製作費が使われました。
 舞台である橋(ポンヌフ)とその周辺をセットで再現したため製作費が膨らみ、その上様々なトラブルが生じたからです。
 この映画は「呪われた映画」と呼ばれ、カラックス監督は次回作まで8年間映画を撮る機会がありませんでした。
 フランス映画ですが、お洒落なイメージとは対極に位置する映画です。
 様々な意味で強烈な映画です。

 


 FC2 Blog Ranking   人気blogランキング

 SOUL STATION     電脳古本店チバ・シティ楽天支部

最短即日発行!《セゾン》が今イチオシする注目のカードをご紹介
スポンサーサイト
別窓 | レオス・カラックス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<SPY-N | カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋> | パロディ放送局 UHF>>
この記事のコメント
・「 コメント、ありがとうございます」
 フランス版地獄の黙示録とは面白い例えですね。
 監督がこの映画で力を出し切ったという指摘は同感です。
「ポンヌフの恋人」の次の作品「ポーラX」はよく理解できない映画でした。
2007-01-07 Sun 12:14 | URL | いぶくろ #-[ 編集] | top↑
・「」
おおっ!こ、この映画は!!
先日知人の方に
「フランス版『地獄の黙示録』だよこれは。
 必見だよ。監督はここで力を出し切ったね」
と勧められた映画だ!!

でもまだ観てません^^楽しみです。
2006-12-31 Sun 07:15 | URL | 学園事務員 #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋> |

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。