カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋> カルトな映画、マイナーな映画を紹介するブログです
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
フォーリング・ダウン
2005-12-05 Mon 04:37
 1993年 アメリカ
 出演:マイケル・ダグラス ロバート・デュバル レイチェル・ティコティン 
フレデリック・フォレスト マイケル・ポール・チャン バーバラ・ハーシー 他
 撮影監督:アンジェイ・バートコウィアク
 脚本:エブ・ロー・スミス
 監督:ジョエル・シュマッカー

 社会派アクション映画の傑作。
 劇場公開当時、日本ではほとんど話題にならなかった記憶がありますが、本国アメリカでは「ニューズウィーク」の表紙に取り上げられたほど反響があったようです。
 封切りで観ましたが、衝撃を受けました。
 日本ではマイナーな映画で、カルト映画と呼ばれることもありませんが、私個人にとってはカルト映画です。
 マイケル・ダグラスのキレた演技が爽快です。
 マイケル・ダグラスはプロデューサーとしても一流なので、出演する映画はハズレが少ないと思います。
 刑事役のロバート・デュバル、差別主義者を演じるフレデリック・フォレスト、韓国人店主のオヤジ役マイケル・ポール・チャンがハマッてます。
 撮影監督のアンジェイ・バートコウィアクは、「フォーリング・ダウン」の後は「スピード」、「リーサル・ウェポン4」、「追跡者」などの撮影監督を担当していて、「ロミオ・マスト・ダイ」、「DENGEKI 電撃」、「ブラック・ダイアモンド」の監督としても活動しています。
 脚本を書いたエブ・ロー・スミスは、「フォーリング・ダウン」がデビュー作ですが、新聞記事をもとに2ヶ月半で脚本を書き上げたそうです。
 エブ・ロー・スミスは冒頭のハイウェイのシーンでセールスマンの役で出演しています。
 監督のジョエル・シュマッカーは「セント・エルモス・ファイヤー」や「フラットライナーズ」などで高い評価を得ていました。
 この「フォーリング・ダウン」で監督としての確固たる地位を確立したようですが、「フォーリング・ダウン」を越える映画は未だに撮れていないと思います。
 破綻はありますが、やはりエブ・ロー・スミスの素晴らしい脚本がジョエル・シュマッカーの演出力を最大限に引き出したと言えるのかもしれません。
 個人的には、ハリウッド映画では70年代は「燃えよドラゴン」、80年代は「ブレードランナー」、90年代は「フォーリング・ダウン」がNo.1です。
  
    cult movies


  FC2 Blog Ranking     人気blogランキング

  SOUL STATION       電脳古本店チバ・シティ楽天支部

スポンサーサイト
別窓 | ジョエル・シュマッカー | コメント:4 | トラックバック:2 | top↑
| カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋> |

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。